県立高校受検生に贈る言葉

いよいよ県立入試が始まります。
志望校を決めて真剣に勉強を始め出した昨春。
蝉のなく暑い夏をみんなで乗り越えた夏期講習会。
秋風が吹き始め何となく少し不安になった君もいました。冬からは実践的な問題や過去問を解き明かしましたね。

そしていよいよこれまでの努力を形で示す時が来ました。

でもね入試だからと言っても
いつもと同じで大丈夫。
もうそれだけの力は付いています。

①体調管理第一、前日は持ち物を確認して早めに就寝しましょう。

➁当日は忘れ物をしてもそのまま会場に向い係の人に説明しましょう。

そして受検生の皆さんに受検当日に贈る言葉です。

「いつもと同じものを食べ」「いつもと同じ服を着て」

「いつものようにやれば良い」「あれだけやった君だもの」

健闘を祈ります。

東松戸学習教室
高木健夫 高木洋子

※県立入試は学力検定試験のため受検と記載しています。
※模範解答は当日15:00頃以降の掲載を予定しています。
また来塾日に当たる受験生には模範解答を配布します。

3月以降の塾新年度受講体制について

塾生保護者各位
塾生各位

日頃よりお世話になっております。
3月からの塾新年度受講につきましては本年もお陰様で小学生並びに中学生の一部学年を除きまして満員の状況になります。
このため現在特定の集中日につきましては曜日の調整をさせて頂いております。
また既塾生や速読生で新たに教科受講科目を取得される方については日程が未定な方もいらっしゃるため該当の塾生保護者様には個別にてメールを差し上げ日程等を決めて参りたいと思います。

何卒事情ご観察の上ご理解ご協力頂けますよう宜しくお願い致します。

東松戸さんすう教室
東松戸学習教室
高木健夫

2月の予定について

塾生保護者各位
塾生各位

今月は重要な月ですので気を引き締めていきましょう。

2月の予定
2/5(水)県立前期志願状況発表
2/7(金)延長面談終了
2/12(水)県立前期検定
2/13(木)県立前期検定
2/17(月)牧中学年末
2/18(火)牧中学年末
2/19(水)県立前期検定合格発表
5中、河中学年末
2/20(木)5中、河中学年末

※2/5(水)県立前期志願状況発表は18時より 塾HPに掲載しますので確認下さい。掲載時間は多少前後します。
※県立前期検定模範解答は 2/12(水)15時より塾HPに掲載していきますので各自自己採を行って下さい。当日塾がある人は塾で模範解答を配布します。
掲載時間は終了科目から掲載していきます。掲載時間は多少前後します。

県立受検生は漢字・英単語・模試解き直し(複数回でもやること)・県立過去問・ビットキャンパスタッチを毎日それぞれの時間割を作り解いていきましょう。
受検手順などわからないことはそのままにしないで学級担任、塾に問いあわせて下さい。

学年末上位常連者A君は3回転を目指し1/30(木)から学年末勉強を始めました。君は?

各校全学年とも習熟度、実力テスト結果の個票は必ず塾に持参下さい。

塾も今週より学年末対策期間ですので5科持ち込み可能です。
但し勉強を作業としないこと。覚え込むまでやろう。テストの時に解答が書けるレベルまでにしよう。1年の総決算です。

やるしかない2月。
やれば乗り越えられる2月。
気持ちよく3月を迎えよう。
東松生ならできる。

東松戸学習教室
高木健夫

2021年度千葉県立高校入試方法変更について

いよいよ現在中学2年生の県立高校入試から1回の入試に変更になります。
県立入試方法は時代のニーズに合わせて種々変更されてきましたが1回の入試は昔の原点に戻ることになります。
1本化は入試回数の面では不安要素もありますがこれまでの前期枠定員の60%が100%になることになります。一方入試回数が1回ということから併願私立高校の受験校数にも変化が出てくると思われます。
塾では千葉県からの情報や民間模試会社等の情報が入り次第お知らせすると共に入試方法変更に照準を合わせたご指導をして参ります。

出願日:2月9・10・12日
出願変更日:2月17・18日
検定日:24・25日
追検査日:3月3日
発表日:3月5日

大きな画面で見たい場合はこちらをクリック・スクロールさせてください

出典元:千葉県教育庁教育振興部学習指導課
東松戸学習教室 高木健夫

明日はV模擬後期模試です。

中3生各位

今日は暖かい一日でした。

残りの模試も数えるほどになりましたが明日の模試は県立後期向けとなります。

各教科は全て40分ですので前期と比べると10分も短いのが特徴です。

ここで再確認しておきましょう。

1.10分短いということは当然前期よりも問題数も少なくなりますが
「意外に時間がない」ということです。
➡そのためには試験開始後すぐに問題を解きだすのではなくて素早く冊子をめくって全体の問題量を把握しましょう。

2.10分短い分「問題数」は減少しますが例年は「難易度」も多少易しい問題が多くなり受検者の総得点が上がります。
➡1問当たりのケアレスミスが響きますので問題をしっかり読んで解きましょう。

3.一方前期と変わらない問題もあります。
①漢字読み書きは同じ18点➡トメハネはオーバーなくらい丁寧にすること。先生に採点して頂く気持ちで書くこと。
②古典は同じ12点➡6問中4問は取りたいのでよく読むこと。
③計算大問1は同じ30点➡自信のない問題には印を付けておいて5~10分前にまでには1度見直すこと。最近解法の勘違いや自身の途中計算を読み違えて間違いている人がいます。県立は計算1問5点に対して証明は1問6点です。それだけに計算を大切に。

4.穴場としては
①作文が14行と前期より6行減ります。
➡得点は前期より2点減の10点ですがきっちりとりましょう。今年の塾生も書き方の約束をよく守ってくれていて毎回ほぼ満点ですが逆に書きすぎて字数が多くならないように。問題にもよりますが前半後半5~7行辺りで区切りましょう。
②最終の問題の英語対話文は前期同様記号解答の4問ですが前期より+4点多く得点できます。➡昨年の場合問題文の難易度も同じですので最初の時間の方で解答しておくことも良いと思います。

12年間受験生を送りだしてきた中で昨年は全員前期合格でした。
勿論その他の年も後期受検者は1~2名です。
但し入試に絶対はありません。
40分という時間配分に慣れるという気持ちで解きに行って下さい。

先日のS模擬が届いています。合格の判定者もいますがそれ以外の受験者は皆偏差値あと1でした。イコール10点です。返却されたらどこで10点取れるのに取れていなかった場所を確認して下さい。

12月は年間の模試でも一番難しい問題が出題される月です。
その月にしては皆さん良く出来ています。

冬期講習会での弱点補強申請や5回分の模試の申請も頂きました。

あと60日です。

東松戸学習教室
高木健夫