中学3年生保護者面談実施のお知らせ

保護者各位

皆様におかれましては日頃より当塾運営につきまして暖かいご支援を賜り厚く御礼申し上げます。

さて今年も「受験を制す夏」が近づいてまいりました。

本年も例年通り中学3年生保護者様との対面での面談を実施させて頂きます。

当日は日頃のお子様の様子や現時点での希望校、入試動向、例年実施しております夏期講習会の主な内容につきましてお話しさせて頂きたいと思います。

ご多忙のところ誠に恐縮ですがお時間をお作り頂きご出席頂ければ幸いです。

下記日程をご参考にご都合のよい時間をご記入ください。

日時:6月13日(月)~6月27日(月)平日11:00分~12:00分 

6/15(水)20(月)22(水)は除きます。

※日時は極力お合わせ致しますが調整させて頂く場合がありますのでご了承下さい。

またお仕事等で日程の調整がつかない親御様は別途ご相談下さい。

※提出期限は6月3日(金)までとさせて頂きます。

 

東松戸学習教室
高木

春の英単語まつり確認テスト結果報告について

参加者各位

こんにちは。

日に日に暑くなりましたね。
 
今週で全員の確認テストが終了しました。
 
一所懸命やって成果を出した塾生、やったけれど得点できなかった塾生と様々でしたが今回は一所懸命やった塾生を称えるためにも上位者のみお知らせします。各自の得点数は返却時に確認ください。
 
今年の県立高校入試からこれまでの大問7の短文問題3問が中文問題2問に変更され、より読解力が必要になりました。読解問題では先ず英単語を知らないと全く得点できません。そのために中学1年生から基本単語は書けること。そして履修単語は全て意味がわかるようにしておくことがより必須となりました。
 
春の単語まつり確認テスト学年別上位者
敬称略
中1生
るか88点(5中)
しおり84点(河中)
るりな84点(小学生特別参加)

中2生
しょうや96点(河中)
わかな82点(河中)
はると80点(河中)

中3生
ゆう75点(和中)
とうま74点(河中)

 
※返却された答案は必ず赤字で意味を記入して覚えたうえで提出下さい。
連休明けから同じテキストを使用して今度は範囲を細かくして基本単語の書き・中学3年間の履修単語の意味のテストを各人別に実施します。
 
 
それではまもなく大型連休です。
やることをやって
体調に気をつけて楽しんでください。
 
 
東松戸学習教室
高木

英検スタディギアフォローアップについて

 

 

 

英検受検者各位

2022-1回英検まで塾生の英検スタディギアの進捗状況を確認します。

さて日本英語検定協会が作成している英検スタディギアは20%得点数が上昇するように作成されています。
他に教材を購入して毎日それを取り組んでいる生徒さんは英単語・文法を中心にやりましょう。
他の教材をやられていない生徒さんは全ての項目において毎日コツコツ決められた設定時間以上をこなしていきましょう。

他の教材を購入されて一所懸命やられている生徒さんもいますので毎日のように細かい報告はしませんが週初に先週分の状況を見させて頂いて気になる点がある方にアドバイスするようにしています。

英検5・4級は先ずは英検の形式になれることとやはり英単語の意味です。
3級以上は先ず英単語を繰り返し学習しながら文法・英検形式もやりましょう。
英検形式独自の書き方をマスターすると断然書きやすくなるライティングも試験までにはやっておく必要があります。
準2級以上は英単語の他に自分の弱点と思う箇所を集中して取り組みましょう。

塾では今年度の英検についても高い合格率を維持するために皆さんの応援を続けます。

 

東松戸学習教室
高木

2022年高校入試合格速報

各位

昨日の県立高校合格発表にて事実上県内の高校入試も終了しました。
今年の中3塾生も素晴らしい成果を収めてくれました。
本日時点での合格を取りまとめましたのでご参考下さい。

中3塾生の皆さん本当におめでとうございました。
そしてお子様と伴走頂きました保護者の皆様もこの一年間大変お疲れさまでした。
塾では今年の県立入試から大きく変化した出題傾向や難易度、出題数、配点を検証して
新中3生の指導に繋げてまいります。

合格進学先:
県内:
千葉県立高校の()内数字は5科80%合格相当点です。
薬円台(445)幕張総合(405)松戸国際(375)船橋芝山(340)市立松戸(310)
船橋法典(210)松戸向陽(190)
二松学舎柏(推薦)※市立松戸は3名全員合格
県外:県立津和野(推薦)

合格先:
県内:
流通経済柏 日出学園 昭和学院 光英VERITAS 日体大柏 二松学舎柏 東京学館船橋
県外:修徳 岩倉

 

高校は人生の中での一通過点にすぎません。
大切なことはどこの高校に入学したかではではなく、入学した高校で如何に充実した生活を送りその先をどのように進むかです。
是非いきいきと楽しくそして自立した高校生活をお送りください。
益々のご活躍を祈念しております。

 

東松戸学習教室
高木健夫 洋子

2022年度新学期受講のご案内

先輩に続こう!
県船 千葉東 薬円台 小金 鎌ヶ谷 国府台 幕総 松国 国分 市川東 市松

1月の大学共通テストに続き、2月より国公立高校入試も始まり入試シーズンも山場を迎えます。
塾の新学期は3月からとなります。塾生の合格を祈りつつ本年も夫婦2名体制でお教えさせて頂くため募集人員は各学年とも7名を定員とさせて頂きます。

教科受講
◎小学1年生~6年生:算数・英語・国語指導
◎中学1年生~2年生:各教科定期テスト対策・入試に向けた5中習熟度テスト・河中実力テスト・和中学力テスト等各校校内模試対策指導
◎中学3年生:千葉県立高校受検合格を最終目標とした各教科指導
◎高校1年生~:各教科内申対策・受験指導

単科受講
◎TERRACE速読解力・思考力:速く正確に読み取る力を身につけられます。
◎TERRACE速読聴英語:高校入試長文読解対策・共通テスト対策・大学入試対策・英検・TOEIC受検対策向けです。
◎検定対策講座:英検は5級~2級まで毎回90%を超す合格率を維持しています。
◎国語読解教室:読みやすい文章から入試問題までを段階的にご指導します。

(ご参考)
最近のお子様を取り巻く状況のご説明
小学生:今だけではなく先を見据えた指導方針
1.学習指導要領改訂に伴い「国語」「算数」「英語」の順番で難化が進みました。巷では「英語」が変わると言われておりましたが小学英語では「書く」や「文法」が殆ど授業から消えてしまい「会話」主導となりました。このことから反対に全般的には平易になった感があります。一方問題を多く残しているのは中学生から要求される「文法の理解」を前提としたうえでの「読む」「書く」「聞く」の分野です。このため塾の役割は中学英語とのギャップを埋めることと認識して学習指導要領改訂内容に沿いながらも中学やその先の高校、大学受験に困らないように「英文法を理解すること」「英単語の意味を覚えて書けること」「英文が書けること」「英語を聞いて理解できること」を主体としています。

2.「国語」「算数」は密接に関連しながら可なり難化しています。「計算問題」は解けても増え続ける「文章問題」「思考問題」が解けないというお子さまの増加です。このため塾では計算問題をクリアした生徒にはどんどん出題文を読み解いてもらう練習をしています。そこでネックになるのが母国語習得の圧倒的な不足です。このためTERRACE速読解力・思考力やを国語読解教室等多くの塾生が併用してもらい効果を上げています。

中学生:県立高校は5教科+内申点という認識を持つこと。年々増加する新傾向問題は読解力と解答練習が必要ということ。
1.中学校の学習指導要領改訂が行われておりますので塾でのご指導もそれに準じたものとなります。全ての教科で文章を読ませること、思考力を必要とすること、幅広い知識が求められることが共通項となっています。国語や数学は難易度が高くなり英語は高校での文法内容の一部が前倒しされます。このように記載しますと特別な教育が必要にも感じてしまいますが先ずは各学年とも 基本を押さえることが一番大切です。

2.最近は私立高校を目指す塾生も増えて参りましたが依然千葉県は県立王国と言われています。県立高校や難関私立高校は5科目での勝負となります。特に県立高校は当日の入試が500点に対し内申点が135点加算されます。また各校により中学校生活での部活動や生徒会活動実績等が別途加算されます。従って受験を考えれば中学1年生から学校生活とともに教科としての学びを大切にしていかなければなりません。このため塾では教科指導と共に特に1年生には学校の授業の受け方と学校から持たされるワークの解き方などをお教えしていきます。中2生では学校行事や部活動でも中心になり多忙な毎日の一方なかだるみ現象がみられますので自ら学ぶ力も養成しています。他力本願では成績は上昇しません。そして中3年では各塾生の教科の受講形態にもよりますがお子様の成績を見ながら何を伸ばし何を下げないようにしたら良いかを判断してご指導しています。特に最近の傾向では5科での勝負にもかかわらず国語・理科・社会で得点できないまたは苦手とする生徒さんが多くなっている傾向にあります。この3科は数学や英語に比較してある程度得点できるだろうということから余り熱心に勉強していないことが原因です。500点での入試に対して300点の分野が手薄なことで志望校選択にも影響が出ます。早い時期からの対策が有効と考えます。県立入試はこれまでの前期後期の2回から1本化されています。

中1生は前述内容も含めて先ずは定期テストで結果を残していくこと。

中2生は定期テストは勿論のことその上にある入試を意識した勉強をしていくこと。5中の習熟度テストや河中の実力テスト、和中の学力テスト等各校校内模試も重要です。

中3生は中1.2生に必要なことに加えて入れる高校ではなく入りたい高校を意識して勉強すること。塾からのカリキュラムに沿ってそれを守るだけでなく自分でやり抜く姿勢が合格に結び付きます。

詳細ご相談はお電話、Webにて承っております。
お気軽にお問い合わせください。

 

東松戸学習教室
高木

大きな画面で見たい場合はこちらをクリック・スクロールさせてください